内蔵を中心に温めるエクササイズが効果的

体は温められて、働くことができる

ホットヨガにしても、他の運動、エクササイズにしても
共通することがあると思うんですね。

 

それは、運動したら、かならず体は温まるってことです。
ごく当たり前のことなんですけど、これが、実はとっても

 

基本というか、核になっていることかな?って最近
特に強く感じています。

 

エネルギーがいるから、燃やしてどんどん熱くなるのは
当然なんですけど、それは、自然の摂理というか、

 

法則ですよね。
だったら、逆に、自然はいい方向に向かうわけじゃないですか。

 

それに逆らうと、逆なわけで、いい効果というのも期待できません。
すると、体をよくしよう、健康を維持しようということがだいたいの

 

目的ですから、そもそも運動しなくても、していなくても、
体は温めるべきだと考えるほうが自然ですよね。

 

すると、運動嫌いな人でも、健康的になれるし、
生活もいいわけです。

 

運動して、冷たいビールってのも、気持ちはわかるし、
わたしも、ガンガン飲んでましたよね。

 

でも、それを振り返ってみると、まあ気持ちはとても
スカってなって、いい気分でガァーって寝れましたからね。

 

でも、それで健康的かって言うと、いまの感覚からすると、
全体的な生活の中での感覚を思い起こすと、

 

ちょっとというか、だいぶ違っていたなって、思うんですね。
わかいから、無理ができた、内臓がまだまだ耐えられたんでしょうね。

 

じゃあ、いまは、どうか、内臓がもうぼろぼろかっていうと
そうじゃなくて、まあ基本的な成分は年々減少するでしょうけど、

 

それでも、基本的な働きはちゃんとしてくれますから、
感覚としては、いまのほうがなんとなく、心地良ってのがあるんですね。

 

ですから、内蔵はとくに温める、いつも温かい状態にすることを
心がけたらいかがでしょうか。