ホットヨガ 効果

ホットヨガは肩こりにどのように効くのか

 

ホットヨガの効果で一番日常的に欲しい効果じゃないでしょうかね。
体験ぐらいでも軽減されるんでしょうか。

 

肩こりといっても様々の原因が関係しています。

 

姿勢の悪さや緊張からくるもの、そして腕などの使いすぎや冷え性などもありますよね。

 

それで、こうした肩こりをホットヨガで解消しちゃおう、あるいは
肩こりそのものを、なりにくい体質へ変えるというのがあるんですね。

 

しかし、これは絶対その効果が現れるというより、
これまでのヨガ修行者、実践者の間でみられた結果から言えることで、

 

ですから、うまく継続して実践していきましょう、ということですよね。
無理してまでしたら、余計おかしくなることもあるでしょうから、

 

相談も必要でしょう。

 

 

その辺を見て行きましょう。

 

血行改善

 

ホットヨガを行う温かな環境が筋肉を弛緩させ、それだけで血流はよくなります。
さらに、ゆっくりとした運動を行うことにより、筋肉内の酸素を多く取り込めるようになり、

 

肩がこりにくい体質に変化する方向に進むわけです。
さらに、姿勢もヨガのポーズをとることにり、からだ全体のバランスが改善されるでしょう。

 

歳をとるにつれて衰える筋肉や姿勢の悪さも矯正できますよね。
一日ぐらいのホットヨガ体験じゃ無理でしょうけど、、、

 

具体的なヨガのポーズ

 

ヨガには多くのポーズがあります。
そして、それぞれにいくつかの効果があるとされています。

 

ですから、効果がいくつも重なるポーズもあるんですね。
それでか、インストラクターによっては勧めるポーズが違ったりもします。

 

肩こりにいいとされるポーズに次があります。

 

・らくだのポーズ

 

・開脚前屈のポーズ

 

・牛の顔のポーズ

 

これは、ほんの一例であり、インストラクターによっては
別のものをさらに多くおすすめする場合があるんですね。

 

なぜなら、肩をつかう、動かすポーズはほぼ全部といってもいいくらいですから。

 

 

@らくだのポーズ

ホットヨガ効果・肩こりポーズ2

 

 

 

 

このポーズは胸が開き、腰も柔らかくするのにいいようです。

 

猫背など姿勢の悪いのが矯正され、心肺機能が増大するようです。

 

結果的に、肩もほぐれ、肩こり解消というわけですね。

 

すこし、難しいでしょうか^^

 

 

 

A開脚前屈のポーズ

ホットヨガ効果・肩こりポーズ2

 

 

 

これは、立ったままでの開脚前屈のポーズになります。

 

肩甲骨を内側に寄せ、手を後ろで組み、息を吸いながらゆっくりと前屈します。

 

これもヨガのなかでは、ポピュラーな肩こり解消ポーズのようです。

 

やはり、見るからにちょっと温かいところで、身体をほぐしてからって

 

言いたくなりますよね。

 

 

 

B牛の顔ポーズ

ホットヨガ効果・肩こりポーズ3

 

つぎはこれです。

 

このポーズでは、肩まわりの筋肉がほぐれて、血行改善になるらしいんですね。

 

ヨガでは、この状態でリラックスといいますから、

 

かなり練習しないと同じようにはできないかもしれませんね。

 

この状態で、呼吸を深くして落ち着けるわけです。

 

 

 

以上、いくつかヨガのポーズから肩こり効果を見てきました。

 

まとめると、やはり温かいところで、十分身体をほぐす必要があるというか

 

そのほうがやりやすい感じが絶対でしたね^^

 

いかがですか♪

 

まずは、体験されてみて、ホットヨガの良さを感じてみてはいかがでしょうか。
それから、効果も期待できるというものと思われますね。

 

ホットヨガのダイエット効果とは

ホットヨガは冷え性改善にどのように効果を発するのか

ホットヨガはむくみに対してどう効果があるのか

ホットヨガは肩こりにどのように効くのか

ホットヨガの効果は便秘にも見られるか

ホットヨガとストレスの関係は?

 

ホットヨガ効果へ戻る